Windows10でIME辞書を使用している時、日本語入力のオン、オフを切り替えると画面の中央に「あ」や「A」が大きく表示されることがあります。切り替えの確認になるのでありがたいのですが、作業の邪魔になる場合もあります。

 この切り替え表示をオフにするには、タスクバーにある「IME」のアイコンを右クリックして「プロパティー」を選択します。表示された「Microsoft IMEの設定」から「IME入力モード切り替えの通知」で「画面中央に表示する」のチェックを外します。

 同様にIMEの予測入力も便利ですが、時折入力の邪魔になる場合があります。予測入力とは「おせわ」と入力すると「お世話になっております」など予測された候補から「Tab」キーまたは「↓」キーで選び、入力の手間を省く機能です。オフにする場合は、「Microsoft IMEの設定」の「詳細設定」から「予測入力を使用する」のチェックを外します。

 便利な機能なのでオン、オフを上手に切り替えて快適に作業ができるようにしましょう。(パソコンスクール経営)

このエントリーをはてなブックマークに追加