■「今度はやり返す」 3日間最長、鳥越峠越えの難関11区(17キロ)に挑んだ鹿島市の小池竣也(中央大)が上位に迫る意地の走りを見せた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加