24日午後1時10分ごろ、佐賀県伊万里市黒川町塩屋の名村造船所で、同社社員の男性が、船舶の運搬作業中に運搬車両と土台との間に挟まれ、約1時間40分後に搬送先の病院で死亡が確認された。

 伊万里署によると、男性は事故当時、船舶の一部を乗せた土台の搬送作業をしていて、運搬車両を誘導中だったという。同僚が「作業中に(男性が)挟まれた」と119番した。原因を調べている。

このエントリーをはてなブックマークに追加