コラム写真

 先日、赤ちゃんを出産したばかりの、ある夫婦がいた。そこでの会話の一部が頭に残っていて、後日、私の妻がそのことを私に聞いてきた。私も気になっていた発言だったので覚えていて、考えれば考えるほど、これから出産を控えているプレパパや出産直後のパパにもちゃんと伝える機会があれば良いのにと思った。

 その内容は、出産翌日の奥さんに対して、「まだそがんおなか出とると?」だった。皆さん、出産直後のママの気持ちを真剣に考えたことありますか?

 私の妻は、第一子の出産後、シャワーを浴びながら、自分の体型の変化に、涙が止まらなかった。忘れもしない。それをあの時、素直に私に言ってくれた。だから抱き締められた。ていうか、抱き締めることしかできなかった。

 もし、1人で我慢していたら、私は気づいてあげられなかったかもしれないし、ここまで真剣に考えようとしなかったかもしれない。だからこそ、そういう経験をした私が、ママの代弁者となって伝えたい!

 男性は子どもが何人できようが身体に変化はない。変化していくのは、ただの生活習慣によるワガママボディー…。大したことでもないのに、それですら気になるパパも多いでしょ?

 おなか出たねって言われたらキレたり、急にジムに通いだしたりする人もいる。そうそう。食生活見直して、トレーニングさえすればある程度カバーできますよ!

 でもママは? 食生活とかそういうことではないですよね。ジムに行く時間なんてとんでもない。

命を懸けてわが子を出産した代償がこれですよ?

 40週前後も身体を張って大切な命を守ってくれたおなか。そう簡単に戻るわけもないよ。そりゃ、泣きたくなりますって。こんなに頑張ったのに。何でママだけって…。

 女性はいつまでも女性でいたいと聞きます。それをすぐそばにいるパートナーがケアしないで誰がするんだって言う話。

 これからでも遅くない。そんな思いをしながらも、愛するわが子を笑顔で育ててくれた自分の奥さんに「ありがとう」と伝えてみてください。

 これからパパになる方へ。奥さんは、あなたの愛するわが子を命懸けで産もうとしています。命を懸けた奥さんを、一番そばにいるあなたが、命を懸けて守ってあげてください。

 そうすれば必ず、豊かな未来が待っていると思います。(パパ記者・片桐亮=いまパパ~いまりパパネットワーク~代表)=片桐さんのコラムは随時掲載しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加