武雄市は24日、2050年までに二酸化炭素(CO2)排出量を実質ゼロにすることを目指す「ゼロカーボンシティ」を宣言した。佐賀県内では初めてで、全国で85自治体が宣言している。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加