産業技術学院 学院長 池田積氏

 佐賀県は24日、公募していた県立産業技術学院(多久市)の学院長に元唐津工業高校校長の池田積(つもる)氏(61)を採用したと発表した。任期は4月1日から2年間で、4年を上限に更新する場合がある。

 池田氏は鹿児島大工学部機械工学科卒。造船会社勤務を経て1987年に県立高教員に採用され、複数の県立工業高校教頭を歴任し、2015年に唐津工高校長に就任した。19年3月に退職後は再任用で、有田工高で教諭を務めていた。

 公募には5人が応募した。県産業人材課によると、学院の活性化や人材育成、訓練環境充実などの観点から総合的に評価したという。

このエントリーをはてなブックマークに追加