佐賀県は24日、がんの先進医療に伴う治療費の助成事業で、対象ではない患者に誤って助成金を交付したと発表した。2018年度に助成した25万2934円分で、取り消しができないため返還は求めていない。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加