国営諫早湾干拓事業(長崎県)で漁業被害を受けたとして、諫早湾内の長崎県の漁業者らが国に潮受け堤防排水門の即時開門を求めた訴訟で、漁業者らは23日、請求を棄却した一審長崎地裁判決を不服として福岡高裁に控訴した。

 長崎地裁判決は、堤防閉め切りと環境変化の因果関係を一定程度認めつつ「漁場を悪化させたとは認められない」としていた。

このエントリーをはてなブックマークに追加