23日午後5時ごろ、佐賀県鳥栖市真木町の市道で、軽乗用車が道路脇の橋の欄干に衝突、運転していた福岡県久留米市小森野の男性(88)が胸を強く打ち、約2時間後に搬送先の病院で死亡が確認された。

 鳥栖署によると、現場は片側1車線の急なカーブ。同署は、カーブを曲がりきれず対向車線にはみ出し、欄干にぶつかったとみている。事故原因を調べる。

このエントリーをはてなブックマークに追加