佐賀県弁護士会は、昨年8月の豪雨災害や新型コロナウイルスを巡る生活苦や借金問題の悩みに答える無料の電話相談を26日に実施する。予約不要。

 県弁護士会によると、豪雨災害で借金を抱えた被災者が、確定申告期間のこの時期に自己破産を検討する事例が少なくないという。全国的な新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、県内の飲食店の売り上げが減少している状況も踏まえ、無料相談の実施を決めた。

 相談は弁護士2人が対応し、被災者の住宅ローン返済期間の延長などで助言をしたり、ウイルスの感染拡大を巡って金融機関からの借り入れを検討している事業者や、金銭面で不安を感じる個人の悩みに答える。26日午後5時から7時まで、電話0952(24)3411。

このエントリーをはてなブックマークに追加