Q 私は夫が先立った後も義母と同居を続け、義母の介護を続けてきました。先日、その義母が亡くなった際、これまで何も面倒をみてこなかった亡夫の妹が、急に、義母の遺産を全部渡せと言ってきました。血のつながりがない私は、義母の遺産に対し、何も権利を主張できないのでしょうか。

 A 亡くなった人の介護や看病などに尽くした人に対しては、その貢献により亡くなった人の遺産が増加または維持されてきたことが認められる場合、もらえる分を増やすことができる「寄与分」という制度が存在します。しかし、これまでこの制度は、亡くなった人の「相続人」にあたる人(夫ないし妻、子、孫、両親、兄妹、甥姪、養子など)にだけに認められていました。

 そのため、質問者のような「相続人」にあたらない人は、何も権利を主張できませんでした。

 しかし、法律の改正により昨年7月1日以降に亡くなった人の相続に関しては、「相続人」より広く「親族」(正確には「相続人」を除く6親等内の血族と3親等内の姻族。子の夫ないし妻や、甥姪の夫ないし妻なども含まれる)まで「特別の寄与」としての権利が認められるようになりました。

 これにより、質問者のような「親族」にあたる人にも、権利を主張できる可能性がでてきました。具体的には、質問者は亡夫の妹に対し、「特別寄与料」の支払いの請求をすることができ、その話し合いがつかない場合は、家庭裁判所に処分を請求することができます。

 ただし、「相続人」と違って無償での寄与が要件であったり、期間制限があったりしますので、弁護士などの専門家に早めに相談するのがお勧めです。

(弁護士 川島雄輔 唐津市)

このエントリーをはてなブックマークに追加