レスリングの全国大会で3位に入った(左から)宇土奏美さん、永石潤成君、藤瀬夏唯君(提供)

 2月に東京都で開かれた第24回全国少年少女選抜レスリング選手権大会で、鹿島クラブの3選手が3位入賞を果たした。いずれも5年生の部で男子60キロ級の藤瀬夏唯(かい)君=江北小、男子39キロ級の永石潤成君=福富小、女子40キロ級の宇土奏美さん=長崎県大村市、放虎原小=が好成績を収めた。

 本大会は、昨夏の全国大会でベスト8以上に入った強豪選手らで競い合った。鹿島クラブは夏以降、積極的なアタックや「がぶり」と呼ばれる体勢から点数につなげる練習を重ねてきた。

 鹿島クラブの古川基也コーチは「最後に逆転勝ちするなど選手の成長を見られた大会だった。タックルや技に入る動きはまだまだ課題が残る。(小学校の)最終学年となる来年も頑張っていこう」と話した。

このエントリーをはてなブックマークに追加