日本創成会議から昨年「消滅可能性都市」の指摘を受け、人口減対策に力を入れている三養基郡基山町に3日、慶応義塾大の学生たちがフィールドワークに訪れた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加