美容の力でがん患者が笑顔を取り戻す手助けを-。佐賀市で美容院を経営する荒川国子さん(55)は、大学院で美容が果たす医療ケアの役割について研究を続けながら、がん患者の困り事に寄り添い続けている。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加