県実行委員会が選出した聖火ランナーの中では、最高齢者の一人となるみやき町西島の寺田恭夫さん(75)。「応募したのは、後期高齢者でも参加し、貢献できるオリンピックだということを証明したいと思ったから。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加