水位が上がって菜の花が水に沈んだ岸辺で、ヘラブナ釣りを楽しむ釣り人=佐賀市三瀬村の北山ダム湖

 うららかな日差しの下、佐賀市三瀬村の北山ダム湖では、菜の花が咲く湖畔に釣り人が連なり、糸を垂れる姿が見られた。春はヘラブナが産卵のために浅瀬の草場に集まってくる“乗っ込み”シーズンで、体をたたき付けてバシャバシャと音を立てるフナのすぐ近くで、釣り人は静かに竿を振っていた。

 鳥栖市から2日連続で訪れた男性は「連日40センチを超えるサイズのフナが釣れている。この時期は大物を狙うチャンスなので、50センチ超えに出会いたい」と期待していた。

このエントリーをはてなブックマークに追加