リニューアルオープンしたレッドキャベツ=佐賀市多布施1丁目

 九州でスーパーを展開するレッドキャベツ(本社・福岡市)の店舗13店が21日、マックスバリュ九州(本社・福岡市)の店舗としてリニューアルオープンした。佐賀県内は佐賀市の多布施店、鳥栖市の蔵上店の2店舗。当面は店名や営業時間に変更はなく、「時期を見て順次、マックスバリュやザ・ビッグへの改装を予定している」という。

 18~20日に休業して改装し、レジや商品発注のシステムを入れ替え、電子マネーWAON(ワオン)が使えるようにした。イオンのプライベートブランド「トップバリュ」の食品を充実する。マックスバリュ九州の担当者は、レッドキャベツの強みだった生鮮食品について「仕入れ先も変わらず新鮮な物を取りそろえる」と話した。従業員も希望者は継続雇用し、「運営が変わるだけで大きな変更はない」と説明する。

 レッドキャベツは2014年にイオン傘下に入り、17年から4店舗を段階的にマックスバリュ九州に継承してきた。

このエントリーをはてなブックマークに追加