大賞に選ばれた自身の作品「みどりいっぱい!佐賀平野のように大きくなぁれ」の前で笑顔を見せる石丸晶子さんと息子の晋二郎くん=佐賀県庁

 佐賀での暮らしを満喫する人を収めた写真展が佐賀県庁で開かれている。佐賀の雄大な大地を背景にした笑顔あふれる写真に「癒やされるね」と見入る来場者の姿が多く見られた。25日まで。

 県のプロジェクト「子育てし大県“さが”」PRの一環として開かれた「さがっぴぃーすフォトコンテスト」の写真展。受賞作品7点と最終選考に残った5点を展示している。野菜の収穫を楽しむ祖父母と孫の写真や、有明海を背景にしたカップルの写真など多彩な表情が並ぶ。

 芝生に寝転んで遊ぶ祖父と子どもの写真で大賞に選ばれたの石丸晶子さん(37)は「長女が未熟児で生まれ、不安な時期あった。その後佐賀に引っ越し、のびのびと育てられ、成長の喜びを表現できた1枚」と笑顔で語っていた。

 コンテストは495点の応募があった。会場では展示作品含む上位30点の写真をスクリーンでも上映している。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加