英検1級に合格した羽根風歌さん(右)と理検化学2級に合格した吉田侑唯さん(中央)=基山町役場 編注

 実用理科技能検定(ぎのうけんてい)の化学2級に全国最年少で合格(ごうかく)した基山(きやま)小4年の吉田(よしだ)侑唯(うい)さん=基山町宮浦(みやうら)=と、英語検定1級に合格した福岡第一高3年の羽根(はね)風歌(ふうか)さん=同町園部(そのべ)=が12日、同町の松田(まつだ)一也(かずや)町長らを表敬(ひょうけい)訪問(ほうもん)しました。松田町長は「新型コロナなど世の中が暗い中、明るい話題」と2人の快挙(かいきょ)を喜びました。
 吉田さんは小学校入学前から理科に興味(きょうみ)を持ち、3年生の時に8級から理検(りけん)に挑戦(ちょうせん)。昨年12月に高校2年レベルの化学2級に合格しました。羽根さんは小学6年の時に準(じゅん)2級を取得。その後も2級、準1級と取得し、今年2月に1級に合格しました。
 表敬訪問で、理科では特に実験が好きだという吉田さんは「合格した時はうれしかった。次は地学2級を目指したい」と笑顔(えがお)で話しました。単語帳がぼろぼろになるまで勉強したという羽根さんは「正直、落ちると思っていたので、合格した時はうれしくて泣いてしまった」と報告(ほうこく)しました。(14日付16面)

このエントリーをはてなブックマークに追加