佐賀県鳥栖市の篠原建設は19日、新型コロナウイルスの感染拡大と慢性的なマスク不足を受け、県にマスク1万枚を寄贈した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加