医療裁判を描いた小説や映画では、遺族の側に立って医療機関や製薬会社と戦う、というのが定番だと思いますが、この小説は、訴えられる医者の側に立つ弁護士が主人公です。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加