エビ本来の食感、うま味生かす逸品

 

 「えびフライ専門店 EBI(イービーアイ)研究所」が、三養基郡上峰町の住宅街にオープンしました。エビは伸ばさず曲がったままで、衣は重量比2割とできる限り少なくするなど、エビ本来の食感とうま味を生かすためこだわり抜いて提供します。

 

 大きく見せるため真っ直ぐに伸びたエビフライが主流な中、見た目より食感を重視。味付けは十数種類から選んだ沖縄県産の塩のみで、揚げて時間がたっても食感を保つパン粉を使います。エビは天然に近い状態で育てられ急速冷凍されたブラックタイガーです。


 経営する江口紘基さん(40)と朋さん(41)夫妻は約1年間、同町内の中古車販売店の敷地にプレハブの工場を設け、町のふるさと納税の返礼品を出してきました。元歯科医院を改装した新店舗では冷凍に加え、揚げたても販売します。有頭、無頭のエビフライのほか、一夜干しのように味が凝縮された香味焼き、「シータイガー」と呼ばれる約30センチの天然ブラックタイガーもあります。 

DATA

 
 

[住]三養基郡上峰町坊所3028-1
[電]0952(48)0343
[営]11:00-15:00
[休]日、月曜
[IG]eguchisakana

このエントリーをはてなブックマークに追加