名古屋発祥とされる「台湾まぜそば」の専門店「麺屋ハラパン」が佐賀市白山にオープンしました。辛味はやや抑えつつ、麺は200グラムとボリュームたっぷりで、酒を飲みながら楽しむ麺料理としてお薦めしています。
 県産小麦を使ったつけ麺ほどの太さの麺で、しょうゆ味のピリ辛ミンチ、ニラ、のり、魚粉、卵黄などの具材を載せています。好みで生ニンニクも加え、かき混ぜて食べるのが醍醐味です。
 店名は「お腹いっぱい」を意味する「腹パンパン」から。システムエンジニアから脱サラして出店した坂口照明さん(35)は「替え玉文化のある九州では、200グラムというのはボリュームのある方。お酒を飲みながら食べたり、飲みに行く前に食べてもらいたい」と話しています。
 住所は佐賀市白山2-4-10。11時半~14時半。夜の営業時間は調整中。不定休。電話080(7405)5399。

このエントリーをはてなブックマークに追加