「七田 純米七割五分磨き 無濾過生」

 山田酒店の山田晃史店主に聞きました。

 人気が高く、高級米といわれる愛山を100%使用し「純米」として造られた酒は米のうまみをそのまま引き出した一本に仕上がりました。洗練された米の香りが鼻腔(びくう)に広がります。口にふくむと愛山のチャーミングな味わいが一瞬の広がりを見せ、すっと消えます。温度が上がると酸も上がり、カツオだしなど、和風だしと好相性。表面をカリッと焼いたカモやネギを乗せたカツオだしの温かいそばと一緒に、ちびりちびりと杯を傾けるのがおすすめです。(720ミリリットル1430円)

このエントリーをはてなブックマークに追加