ワルツやタンゴなどのダンスを楽しんでいる「ライジングスター嬉野温泉ワルツ」の皆さん

 「ライジングスター嬉野温泉ワルツ」は嬉野市の社交ダンスサークルです。健康寿命を伸ばすことを目的に、1月に始まりました。

 レッスンを担当するのは佐世保を中心に活動されている野口博敏プロ。「一人一人に合ったペースで指導を受けられる」と、市外から通う人もいます。

 教室では大きく優雅に回転しながら踊るワルツや、曲もダンスもスピードあふれるタンゴなど数種のダンスを楽しく踊っています。

 「ペアで踊ると気分も華やかになり、姿勢も良くなります」と野口さん。毎週土曜日の午後1時から嬉野市文化センターで練習しています。見学もできるそうです。問い合わせは野口さん、電話090(7468)1944。(地域リポーター・副島花=嬉野市)

このエントリーをはてなブックマークに追加