佐賀市の秀島敏行市長は18日、新型コロナウイルスで外出を控える動きが広がり、富士町の古湯、熊の川温泉の旅館で少なくとも820人のキャンセルが出ていることを明らかにした。

 市役所での感染症対策本部の非公開会合後、報道陣に説明した。1日300台前後で推移していた佐賀駅南口の市営駐車場の利用が、3月1~14日の平均値で225台に減少している状況も示した。その上で「人の動きが止まってきた。歓送迎会がキャンセルされるなど飲食店、旅館、ホテルの利用が自粛傾向にある。大打撃にならないために、経済活動を促すように一部職員で(利用を)始めるのも手かもしれない」と述べた。

このエントリーをはてなブックマークに追加