2月定例佐賀県議会は18日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、7億7817万円を増額する2019、20年度の一般会計補正予算案を県が追加提出した。中小企業の資金繰り支援として、県制度融資を最大3年間は実質無金利とする経費や、マスクや消毒液を医療機関や福祉施設に提供する費用を盛り込んだ。