山口知事にプロジェクトについて説明する伊藤園の江島祥仁特別顧問(右)=県庁

目録を手渡す伊藤園の江島祥仁特別顧問(左)と山口祥義知事=県庁

 飲料メーカーの伊藤園(本社・東京都、本庄大介社長)が17日、佐賀県に桜の苗木20本を贈った。佐賀市富士町の21世紀県民の森に植えられる。

 同社が「お~いお茶」発売30周年を記念して本年度から始めたプロジェクトの一環。県庁で贈呈式が開かれ、同社の江島祥仁(よしと)特別顧問が「企業全体で自然環境保全活動に積極的に取り組んでいる。これからも続けていきたい」とあいさつ。山口祥義知事に目録を手渡した。

 山口知事は県が取り組む「森川海人っプロジェクト」の活動に触れ「自然を大事にする運動をしている。今回の取り組みに心から感謝し、桜を大事に育てていきたい」と感謝を述べた。

 同社は「お~いお茶」桜パッケージの売上金の一部を、全国各地の桜の植樹活動に寄贈している。

このエントリーをはてなブックマークに追加