武雄市の定例議会は18日、小中学校全クラスに配置する体温計の購入費など新型コロナウイルス感染症対策費を盛り込んだ917万円の一般会計補正予算案、新年度当初予算案などを可決。任期を1年残して退任する浦郷究教育長(69)の後任に前武雄北中校長の松尾文雄氏(61)=山内町=を任命することに同意し、閉会した。

 会期中、35議案を可決。国に新型コロナウイルス感染症に起因する経済対策を求める意見書を可決した。教育委員に山口浩氏(67)=北方町、人権擁護委員に山口武彦氏(61)=若木町=を新任することに同意した。

このエントリーをはてなブックマークに追加