九州新幹線長崎ルートの未着工区間(新鳥栖―武雄温泉)で、整備方式の「幅広い協議」に入る前提となる確認文書案が佐賀県から示されたことに関し、赤羽一嘉国交相は17日の閣議後会見で「一読した限り、どうかなと思う部分がある」と述べ、文書案の修正が必要との認識を示した。