コラム写真

 ワンオペ育児2日目。まず、どうやったら効率よく家事をこなせるかを考える。育児を効率よくと思っても、そりゃうまくいかないし、イライラするだけ。

 まずは楽をするところを選ぶ。

 保育園の準備は1セットにして数セット用意する。帰宅して保育園バッグから出したらすぐに明日の分を入れておく。後は翌朝、2人ともお茶を入れるだけになった!

 それと、ママが入院しているこの時期は保育園の後、必ず産婦人科に行って、そのまま20時過ぎまでは滞在することになる。

 そこで、どうせ一緒のお部屋にいて、時間だけ遅くなるなら、ママと一緒に夕飯を食べれるように夕飯をお弁当にしてみた。もちろん、気合いを入れたものは作らない! 買ってきて詰めるだけでも十分なんじゃないかな? そもそもお弁当にするだけで、子どもたちは喜ぶし、多少帰宅時間が遅くなっても、後はお風呂を済ませるだけで良くなった! 結果、うまくいった。

 長女(まはろ)はやっぱり女の子。母性がすごい! 自分の子どものように抱っこして、ミルクをやって。あんなに小さかったのに…。いちいち感動。

 それと、驚かされたのは2歳の息子(あろは)。出産した昨日は完全に混乱してて落ち着かず、ずっとグズって泣いていた息子。今日は落ち着いていて赤ちゃんをなでなでしたり、何度も声かけたりしている。

 家に帰ろうか、って声をかけると、「ママ、明日も来るけんね、バイバイ!」だって。マジか!

 こんなに小さいのに、たった1日で状況を受け入れようとしている息子。親ながら誇りに思いました。

 そんなこんなで2日目終了。

子どもたちが寝てから、洗濯物干して片付けしてから少しゆっくりして寝ましょうかね。

 子どもたちも頑張ってるから、明日、明後日はどっちか保育園お休みして1対1でしっかりと関わるのも良いかなーって思っています。

 とにかく、育休は「育闘」ですよ。(パパ記者・片桐亮=いまパパ~いまりパパネットワーク~代表)=片桐さんのコラムは随時掲載しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加