永原里美校長(左から2人目)に、テントを手渡した野田豊秋社長(同3人目)と、副島浩次佐賀銀行小城支店長(左)ら=佐賀市の川上小

 佐賀市大和町の野田建設(野田豊秋社長)と佐賀銀行は16日、同市の川上小にテント1張りを寄贈した。佐賀銀行のCSR私募債を活用した取り組みで、運動会などで活用する。

 川上小で開かれた贈呈式で、同校の卒業生という野田社長は「思い出が詰まった学校で、地域のために貢献できるいい機会」と述べた。永原里美校長は「大事に使わせていただく」と感謝した。

 CSR私募債は社債の一つで、発行額の0・2%相当額の教育関連備品を学校などに寄付する。

このエントリーをはてなブックマークに追加