多久市の定例議会は17日、2020年度一般会計当初予算案など32議案を可決、人権擁護委員に中山章氏(65)=北多久町=を新任する案に同意して閉会した。災害弔慰金の支給に関し、審査委員会の設置を求めた条例の一部改正案は賛成少数で否決した。

 新型コロナウイルスの感染者が県内で初めて確認されたことを受け、17、18日に予定していた一般質問を中止し、議事日程を2日間繰り上げた。

このエントリーをはてなブックマークに追加