鳥栖署(松吉昭典署長)は10日、大規模な地震の被害を想定した訓練を実施した。署員約30人が、災害警備本部を鳥栖市内の庁舎からベストアメニティスタジアム内に移す作業の手順を確認した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加