ハウステンボス号

 JR九州は16日、新型コロナウイルスの感染拡大による利用者減少を受け、今月20日~4月5日に在来線特急などの運休列車を計480本追加すると発表した。博多(福岡市)―ハウステンボス(長崎県佐世保市)の特急「ハウステンボス」は全便運休となる。同期間に九州新幹線と特急計190本の運転を取りやめると既に発表しており、計670本が運休する。

 運休に追加した特急「ハウステンボス」は170本。一日当たり最大18本が運休となり、ハウステンボスに行く際は特急「みどり」から早岐駅で普通列車に乗り継ぐ必要がある。

 このほか、博多―大分の「ソニック」が136本、大分―宮崎空港(宮崎市)の「にちりん」などが85本。博多と小倉(北九州市)を結ぶ「きらめき」が7本、「きりしま」の宮崎県内を走る列車が34本。熊本県内を走る「かわせみ やませみ」34本と「A列車で行こう」14本も運転を取りやめる。

このエントリーをはてなブックマークに追加