吉野ヶ里町の定例議会は16日、3月末で任期満了となる岩﨑和憲副町長の後任に、県自治修習所長の中島武子氏(58)=田手=を選任する案や、2020年度一般会計当初予算案など20議案を可決し、閉会した。

 中島氏は九州大法学部卒で、1984年に県庁入り。佐賀城本丸歴史館副館長、佐賀市の南川副小校長、産業労働部副部長などを務め、昨年から現職。任期は4月1日から4年間。

 その他の人事案では、教育委員に多良寛国氏(61)=松隈、人権擁護委員に豊留和則氏(65)=大曲=を新任する案に同意した。

このエントリーをはてなブックマークに追加