SDGsアクションブックで、企業や団体に取材してリポートした龍谷高と龍谷中の生徒たち=佐賀市水ケ江の龍谷中学校

 佐賀市の龍谷高(りゅうこくこう)と龍谷中の生徒が関(かか)わった、SDGs(持続可能(かのう)な開発目標)に取り組む団体(だんたい)や企業(きぎょう)を紹介(しょうかい)する「SDGsアクションブックさが」が完成しました。生徒たちは、県内企業やボランティア団体などを取材し、17の目標達成に向けて、SDGsを身近な課題として発信しています。
 同校を運営(うんえい)する学校法人佐賀龍谷学園と包括(ほうかつ)協定を結んでいるNPO法人「地球市民の会」(佐賀市)が佐賀県の協力を得て発行。12人の生徒たちは3チームに分かれ、佐賀の木材を活用した建築(けんちく)を行う川崎(かわさき)空間研究所(同)や、東よか干潟(ひがた)の環境(かんきょう)保全(ほぜん)に関わる2団体、サッカー・J1サガン鳥栖(とす)を運営するサガン・ドリームスなどを取材しました。
 東よか干潟のチームは、干潟の豊(ゆた)かさや生徒たちが参加したごみ拾い活動、環境保全・循環(じゅんかん)型農業の実証(じっしょう)実験を行う「シギの恩(おん)返(がえ)し米プロジェクト」などを分かりやすくまとめました。17の持続可能な開発目標のうち「海の豊かさを守ろう」や「陸の豊かさを守ろう」の達成に必要なのは、「すべての人が環境に優(やさ)しくなること」とつづっています。アクションブックは、県内の中学校と高校に配布(はいふ)されます。(9日付22面)

このエントリーをはてなブックマークに追加