東京大工学部の推薦入試に合格した佐賀西高3年の八木春樹さん=佐賀市の同校

 佐賀市の佐賀西高3年の八木(やぎ)春樹(はるき)さん=鳥栖(とす)市=が、東京大工学部の推薦(すいせん)入試に合格(ごうかく)しました。高校のサイエンス部で科学の勉強に打(う)ち込(こ)みました。「興味(きょうみ)を持っていたエネルギー問題について、やりたいことが1本の線でつながっていた。大学でもその線を延(の)ばしていきたい」と意欲(いよく)を示(しめ)します。
 八木さんは、電子部品のペルチェ素子(そし)を使った海面温度差発電の研究などに力を注ぎました。大学教授(きょうじゅ)の論文(ろんぶん)を読んだり、ノーベル賞受賞者の講演(こうえん)や他国の学生らと交流する「アジアサイエンスキャンプ」に参加したりし、意欲的に知識(ちしき)向上に努めました。
 サイエンス部で指導(しどう)した松高和秀教諭(きょうゆ)(45)は「好きなことに熱中し、物事を突(つ)き詰(つ)めていく探究(たんきゅう)心は人の倍あった」と取り組みを評価(ひょうか)しました。
 大学では、熱から電気への変換(へんかん)などや統計(とうけい)学について深く学び、「ちゃんとした研究を世に送り出したい」と将来(しょうらい)の目標を話しました。
 東大の推薦入試は2016年度入学者選考から始まり、県内の合格者は今回で3人目です。(7日付17面)

このエントリーをはてなブックマークに追加