新型コロナウイルスに感染した学生が13日に確認された佐賀大学。午後7時ごろに県から連絡を受けて把握し、「県と連携しながら情報収集に当たっている」として対応に追われた。

 本庄キャンパスは夜間はほとんど人通りがなく、閑散としていた。正門を通り掛かった教育学部の男子学生(19)は「いつか佐賀でも感染者が出るだろうと思っていたけど、まさか同じ大学だったなんて。今夏に海外留学を予定していて、影響が出ないだろうか心配」と話した。

 佐賀大の学生は春季休業に入っている。感染拡大防止のため、学内のイベントなどを相次いで中止にしている。一般入試の後期日程は全6学部のうち本庄キャンパスの5学部は12日に実施、鍋島キャンパスの医学部は13日まで2日間行われた。

このエントリーをはてなブックマークに追加