西日本鉄道は13日、新型コロナウイルスの感染拡大による利用者減少を受け、グループが運行する高速バスの福岡-佐賀線など一部を減便すると発表した。

 福岡―長崎線は今月14~31日に土曜と日曜、祝日の計12便を減便し、平日は減らさない予定。

 また、グループ以外との共同運行路線を含めた12路線を、今月21日~4月24日に計639便減らす。対象には福岡―佐賀線や福岡―熊本線、福岡―日田(大分県)線、福岡―宮崎線、福岡―鹿児島線などが含まれる。福岡-佐賀線は平日は85本から73本に、土日祝日は95本から71本にそれぞれ減らす。(共同)

このエントリーをはてなブックマークに追加