今年は中止になった「とす弥生まつり」=鳥栖市田代公園

 弥生3月。鳥栖市北東部の柚比・弥生ヶ丘丘陵地にある田代公園は桜の名所として知られている。

 この弥生ヶ丘一帯は日当たりが良く温暖で、風も弱く、水が豊か。縄文時代には人が定着し、弥生時代になると青銅器作りが盛んに行われた。

 墳丘墓からは漆〓(うるしさや)付き銅剣をはじめとしてたくさんの青銅器が出土している。柚比遺跡群の青銅器製作と合わせて、鳥栖地域は「古代のテクノポリス」と呼ばれるようになった。

 この田代公園で毎年3月末の日曜日に開かれていた弥生まつりは、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため今年は残念なことに中止に。例年ならば古代火おこし、みこ舞・武人舞や遺跡ポイントラリーなどが行われ、大勢の人でにぎわうところだけど。

 せめて満開の桜をめでながら史跡を散策してみてはいかがですか。

絵・水田哲夫=鳥栖市本町

文・松田和子=鳥栖市田代外町

このエントリーをはてなブックマークに追加