嬉野市議会は開会中の12日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、16日から予定していた一般質問を取りやめることを決めた。感染症対策に関する執行部の業務負担を軽減することが主な理由。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加