城原川の土手を鮮やかに染める菜の花=神埼市神埼町永歌(11日撮影)

 青、緑、黄色のビビッドカラーが絵に描いたような景色を作り出す。佐賀県神埼市を南北に流れる城原川沿いで、菜の花が満開となり、葉や茎の緑、抜けるような空の青さに一段と映える。

 市商工観光課によると、国道34号の神埼橋から南下した土手や鶴交差点近くの県道269号の川寄橋周辺などが特に見応えがあるという。見頃は今月下旬ごろまで。

 佐賀市大和町から訪れた男性(31)は「もうすぐ2歳になる娘の名前はこの季節の花から。妻と3人でいい感じに写真も撮れた」と笑顔を見せた。

このエントリーをはてなブックマークに追加