第四章 百折不撓(五十二) 綾子は俯いたまま立ち上がらない。「ま、まさか、てめえ――」「綾子さん、ここは、はっきりさせた方がよい。勇気をもって告げてやれ」 綾子は顔を上げると、はっきりと言った。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加