焼きたてを持ち帰ることもできるピザ店など約40店が出店する「イタリア展」=佐賀市の佐賀玉屋

 佐賀市の佐賀玉屋で11日、イタリアの食材や工芸品を集めた「イタリア展」が始まった。毎年人気の催事で、今年はアルコール消毒液の設置、現金やカードの直接受け渡しを避けトレーを介するなど、新型コロナウイルス対策を徹底しての開催となった。客はピザやワイン、アクセサリーを品定めしていた。16日まで。

 約40店が出店。パスタや生ハム、ジェラート、カカオとヘーゼルナッツを練り込んだ「ジャンドゥイオット」チョコレートなどの食品や、カメオや牛革製品、ダイニングテーブルといった工芸まで幅広い商品をそろえている。

 イタリア料理ブームの火付け役として日本のイタリア料理界をリードしている片岡護オーナーの「リストランテ アルポルト」が出店。5種類のパスタなどが楽しめる。片岡シェフは14日午前11時から午後3時まで来場する。

 2種類のピザを買い求めた有田町の70代女性は「イタリア展は初めて来た。初めての味を頼んだので、食べるのが楽しみ」と話した。

このエントリーをはてなブックマークに追加