鳥栖市上下水道局職員による架空発注問題の責任を取るとして橋本康志市長が昨年6月に続いて再提案した減給案について、市議会総務文教常任委員会は11日、全会一致で可決した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加