新型コロナウイルスの感染拡大は名護屋城博物館の活動にも影響を与えています。2月から消毒用アルコールを玄関付近に設置するとともに、3月からお客さまスペースで活動するスタッフはマスク着用を必須にしました。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加