学校再開について話し合う山口祥義知事ら=県庁

 佐賀県の山口祥義知事は11日、新型コロナウイルス感染症の拡大を防ぐために実施してきた県立の中学と高校、特別支援学校の臨時休校について、当初の予定通り15日までで終え、16日から学校を再開する方針を発表した。学校再開に合わせて部活動も再開する。県は市町の教育委員会や私立学校にも16日再開の方針を伝え、県内20の全市町が16日に再開する方針を決めた。

 再開を判断した理由については、自宅待機長期化による子どもたちの心身の健康への影響を考慮したことや、佐賀県では新型コロナウイルスの感染者は発生しておらず、隣接の福岡県など九州では感染者が出ているものの散発的で拡大している状況にはないことなどを挙げている。

 感染防止策として、教職員も含めて登校前の自宅での検温を指導し、軽い風邪の症状でも登校させないことや手洗い、こまめな換気の徹底などを要請。また、学校再開から春休みまでの間、保護者が感染予防のため子どもを登校させない場合は、欠席扱いとしない方針も示した。

 臨時休校の終了を巡っては、武雄市が9日夕に16日から再開する方針を発表していた。

佐賀市立小中学校(3月11日発表)

3月16日再開(給食、放課後児童クラブは通常通り行う)
卒業式は3月19日(木)に規模を縮小して行う。
 

【各学校の方針(私学など)】2020年3月11日午後時点

■16日再開
龍谷中・高、敬徳高、北陵高

■16日まで休校
佐賀女子高

■17日まで休校
佐賀学園高(18日修了式、19日から春休み)、佐賀清和中・高

■19日まで休校
早稲田佐賀中・高(当初の予定通り)

■24日まで休校
弘学館中・高(期間延長)、佐賀大附属小・中・特支(当初の予定通り)

 

■12日以降に検討
東明館中・高、成穎中

このエントリーをはてなブックマークに追加