川崎愛美(佐賀北3年)
 呉昌碩の回転運動を意識し、力強い線質で書きました。また潤渇を出して、より作品に立体感を出すよう心掛けました。

古賀百葉(小城3年)
 木簡特有の線の伸びやかさとスピード感を出すよう心がけ、躍動感のある作品に仕上げました。

松尾蓮乃(伊万里2年)
 祭姪文稿の特徴である、粘り強い線質で迫力のある作品に仕上げました。特選をいただき、とてもうれしかったです。

このエントリーをはてなブックマークに追加