コラム写真

 ご報告。2月25日17時20分。2842グラムの元気な女の子が新たな家族として生まれました。出産は何度立ち会っても感動するし、妻には感謝しかない。本当にありがとう。

 今回の出産には、5歳の長女(まはろ)、2歳の長男(あろは)も一緒に立ち合いました。

 1週間以上も予定日から遅れており、正直、不安で仕方がなかった。赤ちゃんは無事に産まれてきてくれるのか。妻の身体は耐えられるのか。41週で死産というケースも聞いたことがある。考えただけで、たまらない。

 そんな中、仕事中に陣痛が始まったと連絡があり。今15分間隔とのこと。

 10分間隔までもう少しあると、仕事を片付け駆け付けた!

 「15分間隔の間に必要な買い物を済ませてるけん!」と、頼もしい妻。

 いつもそんなに頑張るなよ。入院中に私が困らないようにといろいろと準備してくれていたことは私が一番わかってて、こんな奥さんと結婚できて幸せだなって改めて思ってた。

 そんな矢先、長男の保育園から発熱の連絡。マジ!?

 とりあえず2人とも迎えに行って、みんなで出産に挑むことになりました!

 長男が合図して教えてくれたのか、普段と同じ時間に迎えに行ってたら出産に間に合ってなかった。そういう巡り合わせになっているんですね。

 陣痛の間、長女は不安そうな表情でも、ぎゅっとママの手を握りしめ「ママ大丈夫やけんね。まはろが一緒におるけんね」と、励ましている。強い陣痛の時は想像できないくらい痛がる。でも、長女は冷静に「大丈夫、大丈夫」と、トントンしてる。あんなに小さかった娘が、本当に成長したね…。

 そして、分娩室へ。長女も長男も私も、ママの手や肩、腕をぎゅっと握りしめ「ママがんばれ」「ママもうちょっとだよ」「ママゆっくり」と、みんなで出産という大仕事を成し遂げました! 赤ちゃんはすぐに大泣き。拳をチュッチュッとしてて、元気です。

 2842グラム。ちょうど良い! 今日が赤ちゃんが自ら選んだ、出産予定日だったのかもしれませんね。おなかのなかで41週もの間、我が子を守ってくれた妻には心から「ありがとう」。

 これからはパパが守る番! さぁ、今日からパパ1人でのワンオペ育児。

 長男は完全な赤ちゃん返り。様子がおかしすぎる! ずっとベタベタ。私はトイレにもなかなか行けません。家に帰ってからも1時間半くらい泣きっぱなし。でも、頑張ってるんやね! 成長しようとしてるんやねって抱き締め続ける私。

 パパとして、こういう経験をしているのとしていないのでは、後々、全然変わってくることを私は知っているから、どんなに寝られなくても、忙しくても、しっかりと2人の我が子を抱きしめ、愛情を注ぎたいと思う。

 特に長男は今、葛藤しながらも、本当に頑張ってる。これからみんなで頑張ろうね。(パパ記者・片桐亮=いまパパ~いまりパパネットワーク~代表)

このエントリーをはてなブックマークに追加